更年期障害という言葉は
今や誰もが知っている言葉ですね。
でも具体的にどういう症状が起こり
どう対処したらいいのかは案外知られて
いないようです。
何科に受診したらいいのか 身体的 精神的
苦痛に悩んでいる女性は多いです。


病名が無く、いつ治るか分からない暗闇ほど
辛いものはありません。
本当は大した事じゃないのに
死ぬほど辛いと感じてしまう・・・


これも更年期障害の症状と言えます。
幸せに生きるためには心も体も健康に
ならなければいけません。
引きこもるのではなく 前向きに対処法を
考えてみましょう。
 




    

更年期障害の症状はさまざま


更年期とは老年期への移行の期間のことで 閉経期前後ほぼ45〜55歳くらいの
約10年間をいいます。 
この時期に一般的に更年期障害といわれる症状が現れることがあります。



体の色々な機能に変調が起こり、更年期障害特有の発汗、ほてり、頭痛や目まい 
動悸などさまざまな症状が現れます。


また心理的弊害も深刻なもので、不眠やイライラ 抑うつ感など病気とはいえないけれど
生きていくのが辛いほどの更年期障害の症状を訴える人が多くいます。   
このような更年期の症状は更年期障害だからと簡単に考えることはできません。



更年期と言われる世代は、子供の独立、親の介護、夫の定年など急激に生活のリズムが
変わる時期でもあるので、それらによる戸惑いで精神的にイライラしたり 
体の不調を感じることが多くなるのです。
                                
最近では更年期外来などの専門外来もあるので 自分に合った病院や医師を見つけ、
心身ともに改善し、幸せな熟年世代を送りましょう。
家族とも更年期障害について話し合い、更年期障害をオープンにしてしまいましょう!



日常生活の改善に協力してもらい 更年期障害だから家事はお休みだよ〜くらいの気持ちで 
周りの人に甘えてみてはどうでしょうか。
1人で悩まないで色々な人に協力してもらい 明るく更年期障害を乗り越えましょう!



更年期障害には漢方薬が効果的であることが実証されています


更年期障害の治療は 長期にわたって治療する場合が多いので副作用の心配があります。
特にホルモン補充療法などは注意が必要です。



漢方療法の場合は効き目が穏やかで副作用の心配はほとんどありません。
ここで更年期障害に効果的な漢方薬をご紹介します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


加味逍遙散(かみしょうようさん)

   

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

  全国漢方処方のお医者さん探し             

ホルモン補充療法(HRT)は正しい知識で受けることが必要です


閉経期に女性ホルモンが急激に減少することによって、
自律神経の働きが乱れ 更年期障害の症状があらわれやすくなります。
そこで、足りなくなった女性ホルモンを補うのがホルモン補充療法(HRT)です。



女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、
おもにエストロゲンが女性の体にとって重要な役割を担っています。



更年期には急激にエストロゲンが減少することによりさまざまな更年期障害の症状を
引き起こします。そこでホルモンを外から補充し、徐々に症状を和らげていくのが
この治療法の目的です。ホルモン補充療法(HRT)は、エストロゲンだけでなく
プロゲステロンの補充も併用することがあります。

ホルモン補充療法(HRT)は誰でも受けられるのでしょうか


ホルモン補充療法(HRT)は誰でも受けられるわけではありません。
ホルモン補充療法(HRT)を受けてはいけない人は、乳がんや子宮がんにかかっている人、
また過去に乳がんにかかったことのある人は受けることができません。



そのほかにも脳卒中や高血圧、心疾患、肝障害のある人など またそれらの既往症が
ある場合など 受けてはいけない疾患が多々あるので 
医師との慎重な相談が必要です。


ホルモン療法を受けられた方のさまざまな体験談をご覧下さい

ホルモン補充療法(HRT)はどんな症状に効くのでしょうか


ホルモン補充療法(HRT)は更年期障害によるホットフラッシュ、のぼせ、冷え
動悸息切れ うつ病 イライラ 不眠症などさまざまな症状に効果を発揮します。
また骨密度の低下を防ぎ 骨粗しょう症の治療のために使用することもあります。



しかしホルモン補充療法(HRT)を続ける場合は 必ず定期検診を受ける必要があります。
副作用として 乳房の張りや痛み、むくみ、体重増加、おりもの、下腹部の張り、
吐き気や嘔吐などの症状があらわれることがあるので その場合は医師と相談して 
薬の量を調整して改善させるようにします。



これらのリスクを十分に理解し 単に老化を防ぎたいというだけで
安易に受けることはおすすめできません。
つらい症状を緩和するためにはまず漢方薬や日常生活の改善などから
始めて見てはいかがでしょうか。


ナチュラルホルモン補充療法って知っていましたか?


更年期障害や見た目の老化は 女性ホルモンの減少によるもので
その症状を少しでも緩和しようとホルモン療法(HRT)を受ける方が多いのですが
その副作用として乳がんの発症率が高まるなどのリスクを懸念する人も多いと思います。



これらのホルモンは合成ホルモンと言われるホルモンで 
ヒト固有のホルモンと化学構造が異なり 体内で異質な代謝物に変化し 
有害な副作用を引き起こす可能性があるのです。

ナチュラルホルモンの安全性


「ナチュラルホルモン」とは、単に原料が植物や動物からつくられたものと
いう意味ではなく、人間の体内で作られるヒト固有ホルモンと化学構造が同じホルモンと
いう意味で使用されています。
例えばフルーツ、野菜、穀物、ナッツ類などに含まれる「植物エストロゲン」は、
ヒト固有ホルモンに似た働きを持っていますが、ごく微量です。



また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするといわれていて
化学構造もやはり ヒト固有ホルモンに似ています。
イソフラボン以外にも化学構造がエストロゲンに似ているものがあります。



一般的に懸念されているホルモンは合成ホルモンといい、
ヒト固有のホルモンとは異なる化学構造なので
人体での代謝がうまくいかず、副作用の原因となるのです。



ホルモン補充療法を検討している方は まずヒト固有のホルモンと同じ化学構造を持ち
本来の働きをしてくれるナチュラルホルモンを選ぶことをおすすめします。



大豆イソフラボンがナチュラルホルモンに似ているといっても 豆腐や納豆が苦手な人も
おられると思います。そこで私のおすすめは おからと豆乳で作ったクッキーです。
アンチエイジングとダイエットには低カロリーでイソフラボン豊富な
おからと豆乳で作ったこのクッキーは ちょっとおすすめです
                     
甘いもの好きな私はストレスを溜めずに 美味しく食べながらダイエット効果を実感!
しかもアンチエイジングにも効果的というのだから続けるしかない      


       ≪目標─4kg!≫本格お菓子感覚ーのダイエットグルメ♪
                    

                




スキムミルクでダイエットカロリーコントロール
閉経年齢どっとnet
アフィリエイトで絶対稼ぐ!超初心者が知りたいことはこれだった!
食品添加物がひと目で分かる表示ラベル一覧表
気管支喘息の治療と管理〜薬に依存しない生活を送るために〜
無添加生活で心も体もデトックス

▲ページトップに戻る